クレディセゾンのビジネスローン

クレディセゾンのビジネスローン

クレディセゾンのビジネスローン

クレジットカードでおなじみのクレディセゾンに、ビジネスローンがあるのを知っていますか?

 

残念ながら、クレディセゾンのビジネスローンは、無担保で融資が受けられるものはありません

 

その代わりに「不動産担保ローンビジネス」というビジネスローンが用意されています。

 

クレディセゾンの不動産担保ビジネスローンは、最高融資額がなんと1億円。

 

まあもちろん、それだけ不動産価値があればの話ではありますね。

 

不動産さえ持っていれば、法人でなく、個人事業主でも借りることができる事業主向けのビジネスローンです。

貸し付け条件

利用条件

個人事業主、法人(営業年数不問)
※個人事業主の場合は、20歳以上70歳未満、完済時80歳未満の方

 

資金使途

運転資金、設備投資資金、新規事業資金等

 

不動産担保を伴う融資のため、会議をぅ資金などにも使えるばずです。

 

担保・保証人

法人または代表者および代表者の親族が所有する不動産となっています。

 

つまり親族の不動産も担保にすることができるので、親や兄弟、祖父母の不動産でも大丈夫です。

 

関東・関西エリアの不動産ですが、一部除外地域があります。

 

価値が肥育離島とか、山林とか農業指定地域、調整地域などですと困難です。

 

担保の価値、また所有者によっては、連帯保証人が必要になる場合もあります。

 

融資限度額

100万円〜1億円

 

返済期間

3ヵ月〜3年で、3回〜36回

 

融資金利

実質年率:5.0%〜15.0%固定金利

 

固定金利なので最初に返済額が確定するので安心です。

 

ただし、融資額の3.0%以内の事務手数料がかかります。

 

また担保として登記するので、担保登記費用が発生します。

 

登記費用は、収入印紙代と司法書士の手数料などで、金額に応じてかかるので、融資金額が高くなれば、この費用も高くなります。

 

解約や繰り上げ返済に手数料がかかりますので注意してください。
中途解約手数料残元金の3.0%以内
繰上返済元金の3.0%以内

 

返済方法

元利均等返済方式、元金均等返済方式、期日一括返済方式、バルーン返済方式

 

必要書類

申し込み時に必要な書類です。

法人融資の場合
  • 法人代表者の本人確認書類〜運転免許証(運転経歴証明書)、パスポート、健康保険証などのいずれか
  • 法人代表者の住民票(世帯全員分の記載があるもの)
  • 法人代表者の収入証明書〜源泉徴収票(必須)、確定申告書
  • 法人の本人確認等書類〜商業登記簿謄本、決算報告書(直近3期分)、事業計画書など(新規事業の場合は、創業計画書など)
  • 法人および担保提供予定者の納税証明書(固定資産税・所得税・法人税など)

 

個人事業主融資の場合
  • 本人確認書類〜運転免許証(運転経歴証明書)、パスポート、健康保険証などのいずれか
  • 住民票(世帯全員分の記載があるもの)
  • 収入証明書〜確定申告書(必須)
  • 事業計画書など(新規事業の場合は、創業計画書など)
  • 担保提供予定者の納税証明書(固定資産税・所得税など)

他のビジネスローンカードと比較

消費者金融系とビジネスカード

商品 金利 融資限度額
アコムビジネスサポートカードローン 12.0〜18.0% 1〜300万円
プロミス自営者カードローン 6.3〜17.8% 1〜300万円
アイフルビジネスアイフル 6.0?18.0% 1〜500万円

信販系ビジネスカードと比較

商品名 金利 融資限度額
オリコビジネスサポートプラン 6.0〜15.0% 100〜1,000万円
アプラス ビジネスプラン 14.4〜16.8% 10〜200万円
セゾンVIPローンカード/事業コース 6.5〜17.8% 1〜500万円

銀行カードローンと比較

銀行名 限度額 年利 融資期間
三菱ufj銀行ビジネスローン 5,000万円 2.35%〜9.00% 1ヶ月〜3年
東京スター銀行ビジネスローン 500万円 6.5%〜14.5% 1年ごと更新
埼玉りそな銀行ビジネスローン 5,000万円 取引量による 3か月〜5年
武蔵野銀行ビジネスローン 300万円 12%〜14% 1年〜5年
静岡銀行ビジネスクイックローン 500万円 5.0%〜14.9% 10年
東京都民銀行スモールビジネスローン 3000万円 4.0%〜9.0% 6か月〜3年

ページ上へ戻る | HOME


ホーム RSS購読 サイトマップ