連続赤字決算でも融資可能なファクタリングとは

連続赤字決算でも融資可能なファクタリングとは

二期連続赤字・税金滞納・債務超過でも可能な資金調達方法

いくら取引の長い銀行でも二期連続赤字となれば追加融資をしてくれません。ましてや普段付き合いのない銀行や、公的機関、信用保証協会ではまず無理です。おそらく民間ビジネスローン会社でも融資は困難でしょう。

 

税金の滞納や延滞、債務超過なんて場合ももちろん融資は断られてしまうでしょう。こんな場合でも、短期だけでも融資を受けられれば立ち直れるばあもあるわけで、事業主にとっては、何とかして融資を受けたいと思うことでしょう。

 

このようなピンチの場合でも融資を受けられる方法は実は存在しています。融資というよりも、先取りして資金を調達することで、回していくという、売掛金を担保とした資金調達です。

 

これをファクタリングと呼び、売掛債権が100万円以上あれば、その金額95%ぐらいの資金調達が可能です。(もっと条件が悪くなる場合もありますが)

 

銀行でもファクタリング取引は行われていますが、これは大企業との取引がほとんどですし。すでに銀行融資が受けられない状態なわけですから、ファクタリング業者との契約でのファクタリングになりす。

 

ファクタリング業者であれば、即日審査、翌日融資などのスピード融資も可能ですから、赤字決算などで金融機関から通常の融資が受けられない場合は検討してみることをお勧めします。

 

ファクタリングは、厳密にいうといずれ入ってくるべきお金を先取りするという形になりますので、融資ではなく債務にはならないのが特徴で、色々なメリットがあり、手数料が高いというデメリットもありますので、よく理解して利用する必要があります。

資金調達のプロ


まずはファクタリングを知らない方は、ファクタリングについて確認してからにしましょう。

 

ファクタリングというサービスで切羽詰まった会社の財政を立て直せるかもしれません。融資を受けるでもなく、借金をするわけでもなく、債券を売るだけでお金が手に入ります。

 

そして、そのお金は最短即日で手に入れるスピード入金で手に入るのです。まるで、会社経営者にとって夢のようなサービスですが、内情はどうなっているのでしょうか?それには売掛金というものが大きく関わってきます。

 

売掛金さえあれば、これは個人でも法人でも利用することが可能です。(但し一般的な債権譲渡ではありません。)

 

まずは売掛金ってなに?

取引をする上で信用を売るという行為で、使う側にとっては便利でもあり、使われる側にとっては厄介なのが、売掛金です。売掛金というのは売上債権の一種で、簡単に言ってしまえば売上に関する債権ですね。サービスや商品を提供して、それを債権としてしばらく支払いを待ってくれというシステムがあるのです。

 

売掛金の相互のメリット

◆信頼の貸し借りができる
◆資金の計算がしやすくなる
◆詐欺取引を防ぐことができる

 

などと言った特徴があります。
売掛金には、平均的に20日から60日の間程度の支払い期限があるというものです。

 

売掛金を持っている側からしたら、この期間が長ければ長いほど手元に現金が入ってこなくなりますし、相手方の会社が倒産して回収不能になるリスクが高くなるのです。

 

余裕がある時は大丈夫ですが、自分の会社が倒産の危機になるような資金回しをしていると、融資の話も断られ、現金がどうしても欲しいという時があります。

 

「それならいっそ売ってしまいたい」という願望を、ファクタリング会社がサポートしてくれるのですね。

 

ファクタリングの取引仕組み

システムは簡単です。

 

◆ファクタリングが債権を買い取ってお金を支払う
◆ファクタリング会社がその債権を行使する

 

ただ、それだけです。
しかし、債権というのはいつでも売却はできるものの、そう簡単なものではありません。何も審査なく、それを許してしまうと、

 

◆ダミー会社を作って、本社に売掛金として債権を発行する
◆本社が売掛金をファクタリング会社に売却する

 

以上のようなことを、計画倒産をしながら繰り返していれば、幾らでも資金を生み出せてしまうことになりますが、ファクタリングにも最低限審査というものがあります。
それは、

 

◆現在の売掛金残高内訳一覧表
◆運転免許証
◆住民票
◆登記簿謄本(2通)
◆印鑑証明書(2通)
◆定款のコピー
◆算書2期分以上なければあるだけ
◆6カ月先までの資金繰り表
◆売掛先企業に対する請求書及び契約書(契約書はなければ不要)
◆通帳(これで売掛先との継続的取引をしているのかを審査されます)
◆納税証明書その3の3
◆社会保険料納付証明書(滞納がある場合は当局の受付印がある分割納付合意書)
◆賃貸借契約書

 

以上、一見すると、多いようですが、これだけで債権を売れるということは凄いことなんですよ。
融資となるともっと多くの書類が必要になります。

ページ上へ戻る

 

取引先に悪印象を与えない?

誰だって人の債権を勝手に売られてしまっては気分良くないですよね。
「もしかして、この会社、倒産するのかも?」
という不安要素を与えてしまい、取引が中止されることも考えられます。

 

ファクタリングとの2社契約をしている限り、ばれることはありません
あくまでも債権の売買権は誰にでもあり、報告義務もないのです。

 

赤字決算や税金滞納で融資してもらえないなんて、個人や中小零細企業の事業主が利用するのが、ファクタリング業者とのこの2社間の契約です

 

ただ、債権を売る。それだけの行為をしているだけで、何の悪い行為でもないのです。

 

しかし、「今、ちょっと会社の踏ん張りどころですわ。お願いします」と頭を下げて穏便に行くならそれに越したことはないですよね。

 

そうした人にとって自社と取引先とファクタリング会社の三つが協力した『3社契約』というものもあります。

 

これは比較的大きな企業が銀行を介したファクタリングを行う時に使われることがほとんどでしょう。

ページ上へ戻る

 

2者契約3者契約の違いとは?

先述した売掛金という売上債権をファクタリング会社に売るというのが、ファクタリング会社との2社契約になります。
この2社契約というのは、

 

◆取引先会社にばれない
◆取引先会社が倒産した場合、ファクタリング会社が既に払っている売掛金を返してと訴える償還請求権がない
◆手数料が高い

 

という特徴があります。

 

その点、3社契約はファクタリング会社が自社と取引先会社とファクタリング会社合同でファクタリング契約という契約を結んでしまおうという立派な契約になります。債権を売るのとは少し違ってきます

 

これは、銀行などを介したファクタリングで行われるものすので、このページをご覧の方には必要のない情報ですが、比較のために挙げておきますと、この場合のファクタリング契約は以下のような特徴があります。

 

◆取引先の協力が必要
◆取引先が倒産した場合、売掛金請求権はファクタリング会社に帰属する
◆手数料が安い

 

ページ上へ戻る

 

ファクタリング手数料

3社間のファクタリングでは、売掛債権額の1%〜5%程度ととても安い手数料になります。

 

2社間の場合は売掛債権額の10%〜30%程度と場合によっては法定金利よりも高くなる場合があります。

 

赤字決算などマイナス要因での資金調達となれば、取引先の信用を落とすリスクを考えれば当然秘密厳守で、ファクタリング業者との2社間の契約をすることになりますので、手数料が高くなってもこれは仕方がありません。

 

司法書士に登記をしてもらう経費がこの手数料に含まれているのですが、これは調達資金によって変わることはあまりありません。ですから売りかけ金が少ないとその定額の部分が大き割合を占めてしまうので、金額が大きい方が手数料の割合は小さくなります。

 

100万円ぐらいですと、10万円以上が登記の手数料になってしまうので、全体的な手数料の割合が増えてしまいます。

 

また業者によっては法外な手数料を請求するところもあり、6割しか資金調達できなかったというようなこともあるので、実績のあるファクタリング業者を選びましょう。

 

まっとうなファクタリング業者であれば、競合他社がいますので、法外な手数料を請求するようなことはありませんので業者選びはとても重要な要素です。(お勧めは下に掲載しています)

ページ上へ戻る

 

ファクタリングのメリット

基本的な要素から言えることは、ファクタリング会社に売るにせよ、ファクタリング契約を結ぶにせよ、『売掛金という債権を売る』という基本的なスタンスは変わりません。

 

そのため、以下のような売掛金の債権譲渡のメリット変わりません。権利というものを売る。そういう取引です。

 

◆返済をすれば売掛金が返ってくるという概念もない
◆審査はあるが売掛金を抱えていれば個人事業主でも買ってくれる
◆税金を滞納中など融資の際にデメリット要素となる要素がデメリットにならない
◆赤字決済でもリスケ中でも債務超過でも同じ
◆そもそも売買なので担保はいらない
◆その資金の使い道を提示する必要はない
◆融資を受けているわけではないので、保証人も連帯保証人もいらない
◆売掛金を売却する場合は、それだけで取引終了で、途中解約などはできない
◆カード審査でもないので、債務がいくらあっても関係ない
◆あくまでも売買なので何度も利用できる

ページ上へ戻る

 

融資とファクタリングの違い

項目 融資 ファクタリング
審査機関 数日から一か月 最短即時
主となる審査対象 融資先の経営業況 売掛金先
リスケ中の審査 対象外 問題ない
債務超過 まず通らない 問題ない
赤字決算 困難 問題ない
税金滞納 まず通らない まず通らない
信用情報 悪化する 悪化しない
財務状況 悪化する 改善する
金利 自社の信用による 売掛先の信用による

 

 

ファクタリングの契約の必要条件

ただし、先述した通りダミー会社による詐欺行為が心配が懸念されるので以下のような必要条件が一般的です。

 

◆簡易的な審査がり、早くて当日資金調達できるが、遅いと3日かかることもある
◆請求書を発行から45日以内に入金予定の売掛金が対象となることが多い
◆基本的には100万円以上から
◆入金が遅れている売掛金は、対象外になることが多い
◆売掛先との取引が継続6カ月以上ある
◆売掛先の信用情報が確か

 

これらはあくまで独特のルールではありますので、業者によって異なりますので絶対こうだとは言えません。
しかし、が、多くの場合でそうなっています。
ファクタリング会社が便利だからと言って、最低限の信頼は必要なようですね。

ページ上へ戻る

 

ファクタリング業者を使うメリットとデメリット

ファクタリング会社を使う最大のメリットは、直ぐに資産を手に入れられることです。むしろそれしかありません。それだけが全てであり、目的です。最短で100万円から3億円までの取引ができると一般的には言われています。

 

『危険債権を手放す』という使い道をする時もありますが、滅多なことではその判断でそのタイミングでファクタリング会社に売ることができるかどうかはケースバイケースでしょう。

 

デメリットは勿論、ファクタリング手数料が高いということです。危険を買っているのですから、当たり前ですね。ファクタリング手数料がなければ、経営者なら誰でも使いますよね。それに見合うデメリットがあるということです。

 

ファクタリング会社にたいして、売掛金を担保にして融資を受けているというイメージを持っている人もいるかもしれませんが、似てちょっと違うものです。
でも、基本的なメリットデメリットは似ていますね。

ページ上へ戻る

 

黒字倒産対策になる

黒字倒産とは売上は好調なのに関わらず手元に経費がなくて倒産してしまう倒産です。
普通は考えられないですよね?

 

でも、実際にはかなりあるんです。
急に好調になったりしても急に融資を増やすわけにはいきません。

 

銀行側も、「本当にそれが続くのか?」と警戒しています。

 

2000年時代の『たまごっち』に代表されるように在庫がない内は人気があるのに、在庫が整ったらブームが過ぎて在庫を抱えて大赤字になったという事例も多く存在します。

 

◆商売が上手くても資金操りが下手
◆たまたま、軌道に乗り出しただけでもう資産がない

 

などの状況から黒字倒産は起こりやすく、そうした場合はファクタリングを使って売掛金を清算することによって倒産を防ぐこともできるのです。

 

ファクタリング契約のまとめ

ファクタリング会社は上手く使えば、会社の危機を救います

 

会社というのは波があります。
かつてのテレビでばんばん融資していた飲食店社長が今では殆どが破産宣告を受けているという実情かたもわかるように、上手く行く時もあり、上手くいかない時もあります。それはその会社の波に関わってくるのです。

 

会社で大切なのは、儲けることではありません。会社を残すということです。
そうした時、ファクタリング会社による売掛金の整理は非常に役立ってくれるでしょう。

 

そのファクタリング会社から取られた手数料は、また儲けて取り返せばいいだけです。

 

資金調達のプロ

 

ページ上へ戻る


ホーム RSS購読 サイトマップ