ビジネスローン選び、金利以外にも注意点がある

ビジネスローン選び、金利以外にも注意点がある

ビジネスローンの金利

どこのビジネスローンを利用するかを判断する際に、重要なポイントの1つに金利と言うことが上げられます。

 

ビジネスローンに限らず、ローンに金利はつきものですが、ビジネスローンについて見て行くと、元金に対する金利に、保証料などを含む諸費用を加えたものが、実質年率として明示されています。

 

とうぜんのことですが、この実質年率が高ければ高いほど、利息を多く支払わなければならなくなります。

つまりビジネスローンの選択する時には、実質年率が低いローンを選べば、将来的に返済する金額が少なくて済むのです。

 

少しでも有利な条件で融資が受けられるように、元金に対する金利ばかりでなく、諸費用等も注意してチェックなければなりません。

 

またビジネスローンの場合、審査が簡単でスピード融資が可能なところは、金利が高いケースが多くなっています。

 

つまり仮に時間的に余裕があるのであれば、審査や手続に時間と手間がかかる代わりに金利の低い、目的をはっきりさせた、融資してもらった方が有利ではあります。

 

金利も含めての月々の返済金額は、無理をせず、なるべく低く設定しておいて、将来事業が軌道に乗ったなら、途中でまとめて繰上げ返済ができれば、返済期間も短く、利息もかなりの節約となります。

 

ビジネスローンの借入先を比較する時には繰り上げ返済の不可も確認しておかなければなりません。

 

そのための手数料などが発生したのでは、繰り上げ返済をしても、利息を支払ったのと同じになってしまうからです。

 

資金に余裕ができたときは、早めに返済してしまった方がいいのは当然ですが・・・

 

一般的にカードローンタイプのビジネスローンは、いつ繰り上げ返済しても、手数料はかからず、自由にできるようになっています。

 

個人向けのカードローンでのキャッシングと同じイメージですね。

 

つまり、使わなければ<手数料も金利も発生しないので、本当に必要な時だけ借りて、早く返せば、多少金利が高くても、返済に窮するようなことはないでしょう。

 

急な資金の必要な時に、使ウィメンズクリンック予定はないけれど、とりあえず備えとして用意しておく程度であれば、多少金利が高くても、問題ないでしょう。

 

簡単便利な、ビジネスローンは、あくまで、短期で、少額である資金のために使うようにすべきでしょう。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ