ビジネスローンの審査

ビジネスローンの審査

ビジネスローンの審査

ビジネスローンで融資を受けるにあたっては、契約会社の審査を受けなければなりません。

 

審査の基準はローン会社によってかなりの違いがあるのですが、個人向けのキャッシングローンと違って、ビジネスローンの場合には、各ローン会社による独自の審査基準を設けているため、審査の内容の差はかなり大きくなっています。

 

多くのビジネスローンの審査には、「決算書」の提出が要求されており、その「決算書」が審査において重要な位置を占めることになります。

ビジネスローンに限らず、借り入れた金額は、最終的には利息をつけた上で全額を返済しなければなりません。

 

しかし現実には返済が滞ってしまうこともあるのです。

 

従って、ビジネスローンで融資をする側、銀行などの金融機関としては、返済が可能なのかどうかは非常に重要な問題です。

 

どうせ貸すのならば、倒産の心配が不要で、しかもリスクが少なく、安定した経営を行っている事業所を選びたい、と思うのも当然のことだと言えるでしょう。

 

審査の候補になった事業所の経営状態や将来性、さらに返済能力などを事前に審査して、融資の不可を決定します。

 

ただし、商品化されているビジネスローンは、「今は赤字だけれど、将来性があるので、融資しよう」などといった、将来性まで見込んで審査をするようなことはありません。

 

そのような融資を望むのであれば、ビジネスローンではなく、個別に、取引先銀行や、信用金庫にいって、時間をかけて審査をしてもらう必要があります。

 

基本的には、既に設定されてる商品であるので、審査はあくまで、決算の数字から見える、返済能力で、焦げ付きのリスクの度合いです。

 

ビジネスローンで正しい審査をしてもらおうと思ったならば、提出する「決算書」が、信用できる正確で確実なものであるかが重要なポイントになってくるのです。

 

審査を申し込むむえに、財務諸表をよく確認しておく必要があります。

 

ビジネスカードローンと目的別融資の審査は違う

前述したのは、基本的に、既に商品として設定されている、極度型のカードローンタイプの商品です。

 

カードローンタイプのビジネスローンは、とても単純な数字的な信用度での審査になりますますが、

 

証書貸し付けで、必要な金額を、目的をはっきりさせて融資を受ける場合は、数字的なものだけでなく、その事業者の将来性ということも重要な要素となってきます。

 

担当者に、この人、この融資は、リターンの可能性が大きく、リスクは許容できると思わせるような事業計画であり、なおかつ納得させられる要素がとても重要です。


ホーム RSS購読 サイトマップ