総量規制で、年収の3分の1までしか借りられない

総量規制で、年収の3分の1までしか借りられない

総量規制で、年収の3分の1までしか借りられなくなる!

2010年の6月18日から始まった貸金業の改正で、年収の3分の1までしか、金融機関はお金を貸し出す事ができなくなっています。

 

これは、消費者金融などからのお金の借りすぎで、多重債務になっている人をこれ以上増やさないための政策です。

 

つまり、年収300万円の人は単純にいうと、100万円までしかお金を借りられないということです。
結果として、貸金業者の審査も厳しくなりますし、固定収入のない主婦や、学生などは、書類の用意などなしにはお金を借りなれなくなりました。

ビジネスにおいては、つなぎ融資など、運転資金などを短期で借りているひとも、これはかなり影響を受けてしまうことになりかねません。

 

>ビジネス上ちょっと資金が短期的にショートするなどした場合、キャッシングでしのぐという刈り方では、借りられないのです。

 

また、;同一業者から、50万円以上の融資を受けるのには、年収証明する書類が必要になるのでとても面倒になります。

 

現状で年収の3分の1以上を借りしている人もいるわけですが、それは直ぐに返済いうことにはならないのですが、返す為に借りるということを繰り返している人には、厳しい状況になっしまうかもしれません。

 

新たに、借りるのではなく、返済のための借り換えなどは認められるという措置や、事業計画書を提出すれば、事業資金として規制の例外をうけられるなどありますが・・・

 

手続きが面倒になると、貸してくれる業者も減ってしまうのではないかと思います。
ゆとりのあるうちに、;はやめに借り換えなどで、一本化して、早く残金を減らしていくようにすべきでしょう。

 

事業資金は規制の対象外だが、自営業者や零細中小には、現実的に総量規制は資金調達を難しくしているのは、現状を見れば明らかです。


ホーム RSS購読 サイトマップ