事業資金ならビジネスローン

事業資金ならビジネスローン?

事業資金ならビジネスローン

家を買うなら住宅ローン、車を買うならカーローンからお金を借りますよね。

 

それと同様、事業資金に使うのならビジネスローンがおすすめ。

 

ビジネスローンは中小企業や個人事業主向けのローンです。

 

一般的な事業者向けの融資とはちょっと性格の違うもので、商品として、初めからセットされているのがビジネスローンです。

 

普通の事業融資の場合、ゼロから、銀行に相談して、融資を受けるものなのでそれとはちょっと違います。

 

既にだいたいの金利の幅や、限度額、審査の基準が決められているものなので、融資担当者を説得して、融資を受けるものではありません。

 

その分、審査の合否はすぐ出ますし、手続きの時間も短くなります。

 

ただし、デメリットとして、若干金利は高く、限度額も融通はききません。

 

もちろん、その事業者の信用度で、設定されて商品の範囲内で、融資額も金利も変動するのは当然ではあります。

 

悪いイメージの商工ローンはほぼ壊滅

銀行のほかに、信販会社や消費者金融が提供しているビジネスローンもあります。

 

これらの違いはおおむね他のローンと同様で、銀行ビジネスローンは利率が低い分審査が厳しく、ノンバンク系のビジネスローンはその逆だと考えておけばOK。

 

ノンバンク系といっても、数年前に問題になったヤミ金まがいの"商工ローン"のようなものは今はありません。

 

グレーゾーン金利の廃止に伴い、過払い金請求で、危険な商工ローン会社はほぼ壊滅してしまいました。

 

ビジネスローンの商品名を「商工ローン」としている金融機関もありますが、それだけで悪いイメージを持ってはいけません。

 

今も残っているところは、悪質でなかったから、生き残っているといっていいと思います。

 

政府系のローンだけではまかな得ない場合はビジネスローンを利用するのも間違いでは無いと思います。

ビジネスローンの種類

ビジネスローンにも商品の種類があります。

 

カードローンタイプのいつでも限度額まで引き出せる、極度型のビジネスローンと、

 

証書貸し付けと言って、初めから融資限度額を全部貸し付けるというものです。

 

普通ビジネスローンは、このカード型タイプのものをイメージし、銀行のビジネスローンはこのタイプが多いです。

 

後者の場合は、あとは返済するだけになりますので、返済した分、また借り入れができるわけではありません。

 

カードローンタイプのものは、一応年ごとに更新があるのが普通ですが、

 

返済し分は、またいつでもキャッシングで借り入れができます。

 

手軽さ、便利さでいえば、カードローンタイプになりますが・・・

 

金利は、証書型のの方が低くなっていることの方が普通です。

 

ただし、必要な金額以上で借りてしいたら、金利が多少低くても余計な利息の支払いになる可能性もあります。

 

また融資までの時間も金利が低くなる分行われますので、数日は余計にかかります。

 

それを考えると、必要な時に必要なだけ借りて、借りなければ一切手数料がかからないという点ではカードローンタイプが有利です。

 

つまり、どちらが事業者にとっと有利な資金になるのかはケースバイケースということになります。

 

上手なビジネスローン商品選びをする必要があるということです。


ホーム RSS購読 サイトマップ