銀行系ビジネスローン

銀行系ビジネスローン

銀行系ビジネスローン

銀行系のビジネスローンの大きな特徴の1つは、金利の低さです。

 

ノンバンク系のビジネスローンの金利が大体24%〜29%と高金利であることに対して、銀行系の場合、金利はおよそ13%〜18%と、比較するまでもなく低金利になっています。

 

さらに銀行系のビジネスローンには、融資できる限度額の上限が高いという魅力もあります。

 

しかし、ノンバンク系ビジネスローンの場合だと、即日から3日程度で済む審査が、銀行系ビジネスローンになると3〜7日間も必要となります。

それだけ厳しい審査を実施していて回収が難しいと思われる相手には、融資をしないと言うことでもあるのですが、急いで現金が必要であるという方には、あまり向いていないとも言えるでしょう。

 

どちらかと言うと、長期間に大きな金額の融資を必要とする方にこそお奨めです。

 

また、審査や契約の際に銀行に提出しなければならない資料についても、その事業所の決算書が必要であるなど、非常に種類が多くなっていて、書類を集めるだけでもかなりの手間がかかります。

 

とは言っても、もしも事業の見通しがあって、特に急いで現金を必要としていないのであれば、金利や融資金額などの面から見ても、銀行系のビジネスローンの方が有利であると言えるでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ