ビジネスローンは無担保が普通

ビジネスローンは無担保が普通

無担保ビジネスローン

無担保ビジネスローンと言うものがあります。これはその名の通り、融資を受ける時の担保の必要がないのです。

 

また保証人を必要としない商品も少なくありません。

 

ビジネスローンの場合、会社が借り入れて、代表取締役が保証人になるというスタイルなのですが、中小企業の場合は、会社=代表者(個人)のことが多くなっていますので会社を担保にはできないのです。

ビジネスローンは無担保や保証人不要で融資が受けられる商品が多い反面、担保を必要とする場合よりも、借入の限度額が低く設定されています。
保証人については、多くの原則不要です。

 

ほとんどのビジネスローンで、パンフレットや資料、契約書に「無担保」であるとか、保証人不要」と明記されていますので、確認をしてから話を進めるようにしましょう。

 

前述したように無担保ビジネスローンの金利は、若干高めになっているものが大半なのですが、商品によっては、低めのものもありますので、資料やインターネット、窓口なので数社の商品を比較した後で、契約するようにしなければなりません。

 

また、中小企業にとっては、この無担保のビジネスローンの普及によって、以前のように経営が悪化した時に家族や親族、友人などに借りて返せなくなったり、彼らを保証人を立てたことによって、巻き込んでしまうケースは減りつつあるのが現状です。


ホーム RSS購読 サイトマップ