起業資金としてのビジネスローン

起業資金としてのビジネスローン

起業資金としてのビジネスローン

中小企業や個人事業主の運転資金としてビジネスローンを活用する人が増えていますが、仕事を始めるための起業資金としてビジネスローンを使うことはできるのでしょうか。

 

気づいた人もいるかもしれませんね。そう、今は1円で会社を起こせる時代です。

 

1円のためにビジネスローンから融資を受けるのはばかばかしいお話です。

 

ですが、当座の運転資金はどうしても必要。会社をただ興すだけで運営していくことができなければ意味がないのですから。

そこで、はじめの一歩からビジネスローンを利用することを考えてみましょう。

 

しかし結論から言うと、起業資金のためにビジネスローンから融資を受けることはかなり難しいです。

 

多くのビジネスローンは、すでに事業をしている人のための、資金繰りとしての商品として位置づけられていますから、事業の実績がなければそもそも対象とはなっていないものだからです。

 

一部、民間では、対象にしているビジネスローンもあるようですが、これから会社を興す、という人のためにお金を貸すのですから、起業資金へのビジネスローン対応は自然、厳しいものとなります。

 

事業計画書などでしっかりとしたビジョンを打ち出す必要がありますし、全くの無資金で、全部をビジネスローンでというのはむりです。

 

あくまで、資金は足りているけれど、いざという時のために用意しておきたいという趣旨であれば、審査も通ると思います。

 

開業のための資金として必要であれば、日本政策金融公庫(国民生活金融公庫)にも「新規開業ローン」というものがあります。

 

もちろんこちらは民間のビジネスローンに比べると手続きや審査に時間がかかる傾向にありますが、開業前から準備すればいいわけですからね。。

 

その分利率は低いので、急いでいないのならば有力な選択肢となるでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ