ビジネスローン銀行と民間比較

ビジネスローン銀行と民間比較

ビジネスローン比較

ビジネスローンは別名事業主ローンとも呼ばれていて、個人事業主や中小企業専門の融資を意味します。
最近まで銀行でビジネスローンを組む場合、経営の安定した大企業への融資が中心でした。

 

しかし、世間一般では、ビジネスローンを切実に必用としているのは、大企業よりも中小企業の方が圧倒的に多いのです。

日本でも長い時間をかけて、そんな顧客のニーズを満たす商品の開発を続けてきました。
そこで一躍脚光を浴びたのがノンバンク系の企業が扱っているビジネスローンです。

 

銀行と民間企業のビジネスローンを比較した場合、まず銀行系は一般的に低金利商品が多いのに対して、企業の方が金利自体は高く設定されています。

 

しかし、銀行よりも審査基準が比較的緩く、さらに審査期間が早い、と言うメリットもあります。
もちろん高金利と言っても、法律に抵触するようなもではありません。

 

ノンバンク系のビジネスロ−ンは、極めて緊急性の高い資金の調達を主な目的としています。
そのために返済期限も他のローン商品と比較すると、かなり短く設定されています。

 

ノンバンク系ビジネスローンは提出する資料も銀行系より簡易になっていて、簡単に融資を受けることはできますが、返済のことを良く考えてから契約をしないと、返済地獄に陥ってしまうことになります。

 

最終的にどのローンを選択するか、と言うことは、銀行との比較ばかりでなく、ノンバンク同士の金利や返済期間などもインターネットなどで丁寧に比較して判断するようにして下さい。


ホーム RSS購読 サイトマップ