連帯保証人になるということ

連帯保証人になるということ

連帯保証人になるということ

自分がローンを組むのはいいとして、他人にローンの保証人になってくれと頼まれたらどうでしょうか?

 

多額の債務者になるというのは、自らの借金が要因である場合が多いのは無論ですが、時として友人・知人などの他人の借金が要因となる場合もあります。

 

時々知人の連帯保証人になってしまったために破産した人の話は、よく聞きますよね。心が優しく、困っている人を見ると放っとけない善良な人がこのパターンに陥りやすいようです。

 

確かに旧知の仲だったり、大事な友人だったりしたら断りにくさはあるいかもしれません。
情にほだされて、ここでお金を貸してしまったら、まずお金は返ってこないと思ったほうがいいかもしれません。

少なくとも、「返してもらいました」という話はあまり聞きませんから。よーく考えてみてください。

 

自力ではもはや借金の解消ができず、ぎりぎりのところに来てしまったから、あなたのところへ来たのであって、すでに返済能力は失っています。

 

かりにこれで本人がどこぞへとトンずらしようもなら、一切の責任はあなたにのしかかってくるのです。

 

それでも、困っている友人を放っておけないというなら、お金はあげたつもりで貸すべきです。と、いうよりはじめから、友人の間でのお金の貸し借りは一切すべきでありません。

 

むしろ、信頼できる弁護士さんとか救済機関を紹介してあげる方が本当のやさしさです。

 

保証人と名のつくものには、実は3種類あります。

 

連帯保証人というのが有名ですが、先述したとおり、借主である友人の借金に対して連帯責任があるということで、本人が返済を滞った場合は、即あなたに付けが回ってきます。

 

「保証人」とつく場合は、責任はもうちょっと軽くなります。

 

本人が返済を渋ってあなたに請求が来ても、「本人にまず請求し、決済が済んでから来てください」という具合に、代理返済を拒否できます。

 

根保証人となった場合は、さらに責任は重くなります。一つの債務に限らず、友人の多重債務の全責任を負うわけですから。

 

ですから、本人の「涙」や調子の良い言葉に載せられてサインをすることは極力避けるべきです。

 

仮に本人が自己破産したとしても、あなたの責任がなくなるわけではなく、逆に自己破産した友人に代わって、あなたが一生その借金を支払い続ける事になるのです。

 

他人の借金のためになぜあなたがそこまでしなければならないのでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ