ブラックリスト(個人信用調査)

ブラックリスト(個人信用調査)

ブラックリスト(個人信用調査)

"ブラックリスト"とってもいやな響きですよね。この言葉を耳にしたとき、あなたはどんなイメージをいだきますか?人生の落伍者?要注意人物?だめ人間?

 

いづれにせよ、あまりいいイメージはありませんよね?そもそもブラックリストとは、どんなリストなのでしょうか?

 

一度ブラックリストに載ってしまうと、少なくとも5〜7年くらいは、カードはもちろん借金はできません。

 

クレジット会社が利用者の信用調査をする時に、重要参考資料として活用されるのが、このブラックリストになるわけです。

と、いうことは、すべての国民の個人情報がどこかで保管されているということになりますが、損個人情報って、いったいどこで管理されているのでしょうか?

 

また、その管理体制は万全に守られているのでしょうか?と、いうより、私個人の情報は、どの程度まで記録されているのでしょうか?しばしば情報漏えいが問題になっているだけに、非常に気になりますよね。

 

実は、「ブラックリスト」というのは、通称です。「ブラックリスト」という名のデーターは存在しないのだそうです。

 

しかし個人データーがどこかで保管されているのは嘘ではありません。この「ブラックリスト」に該当する記録とは、「事故情報」になります。

 

事故情報とは、債務整理をした人、延滞をしている人などの情報をさします。これは、あくまでもクレジットカードを組む際に必要な情報ですから、家族関係だとか、職業だとか、そういった借金とは無縁のデーターはなく、過去においての債務関連に特化した情報のみのようです。

 

こういった情報は、ではどこが主体になって管理しているかというと、いくつか個人信用情報機関というのがあります。

 

「全国銀行協会 全国銀行個人信用情報センター(全銀協)」 〜 銀行系
「(株)シー・アイ・シー(CIC)」 〜 信販・クレジットカード系
「(株)シーシービー(CCB)」 〜 信販・クレジットカード系と消費者金融など
「全国信用情報センター連合会(全情連)」 〜 消費者金融系
「(株)テラネット(テラネット)」 〜 銀行系から消費者金融まで垣根なく

 

このなかで、なんとなく聞き覚えがあるものもいくつかあるでしょう?情報公開を申請すれば、個人のデーターを見せてくれるようです。

 

ただし、見ることができるのは、本人と、本人が許可を与えた相手、業者(各機関に登録されている業者)です。

 

なぜこういった機関が存在するのか、その目的は、消費者金融、商工ローン、信販会社などの金融業者が、クレジットカードの設定や融資などの取引をする際に、取引相手の支払能力の調査や過剰貸付・多重債務者の増加防止、取引の損失を未然に防ぐ事を目的に設置されているものです。

 

要するに、目の前の相手が、本当に融資しても大丈夫かどうかを知りたいという業者側の都合でできた機関というわけです。

 

これは確かに存在理由としては妥当ですよね。過去においての金融会社とのトラブル履歴がわかればいいわけですから、あなたの家族構成、趣味、職業うんぬんなんてことまでは調べられていませんのでご安心を。

 

「ブラックリスト」に記載されて影響を受けるのは、借金をしようと思ったときと、クレジットカードを作成する時です。

 

選挙権がなくなる事はないし、仕事にも普通に就けます。牢に入るわけでもないし、それ以外で支障は特にありません。

 

また、ローンが組めないのは、最低5年、最高10年間くらいです。カードが作れなくて生活ができないといういう事もまったくありません。

 

むしろ、借金に慣れてしまったような人は、借金以外でのお金の管理の仕方を学べるし、ちゃんとお札と向き合って、見えるお金の出し入れができたりするので、良い習慣を身につける事ができます。

 

「ブラックリスト」におびえて暮らすのではなく、これを機会にもう一度自分のお金の使い方を見直してみてはどうでしょうか。


ホーム RSS購読 サイトマップ