自己破産とはなにか

自己破産とはなにか

自己破産とはなにか

自己破産と聞いて、どんなイメージ受けまか?自己破産=人間失格、未来がない、人生最悪・・・・。暗いイメージを抱く人が多いのではないでしょうか?

 

「自己破産だけはしたくない・・・」「借りたお金はどんな事をしてでも返したい」よくきく言葉です。その気持ちはとても大事な事です。

 

でも、人生最悪となるか、ならないかは実は気持ち一つなのです。自己破産は借金返済の究極の方法です。

言葉だけはよく知っていても、その意味まではちゃんと理解されていない事が多く、必要以上に人々への恐怖感や誤解を招いているきらいがあるように思います。

 

自己破産は簡単に言うと、消費者ローンなどに多額の借金をしてしまった借主が、お金を返し続ける事が困難になってしまったために、家庭裁判所に自己破産申し立てをすることによって、一切の返済義務を帳消しにしてもらうことです。

 

本来借りたお金は返すのが当たり前です。お金を借りる場合は、自分の貯蓄や財産から考えて、これからきちんと返していけるかどうかを計算して借りるのが本来の借り方であるはずです。
しかし生きている間には、さまざまな複雑な状況がからんで、本来通り人生がうまくいかなくなることが多々ありますよね。

 

ケースによっては、自己破産しかないといった悲惨な状況もあります。そういった人たちに、借金という苦しみから解放してもらう事によって、再度、明るく、自分らしい生き方を取り戻してほしい、笑顔を取り戻し、その後の人生を元気に過ごしてほしい、そして再度、勇気を持って人生をやり直してほしい、そういう願いを込めて制定された法律です。

 

ですから、自己破産は何度も受けることはできません。要は、自己破産をしてしまったという事実をその後まで引きずって自分らしさを失うのではなく、ここからが人生の再スタートだと考えられるかどうか、すべてはあなたの気持ち一つなのです。


ホーム RSS購読 サイトマップ