お勧めの即日審査融資ビジネスローン

ビジネスローン即日融資・調達ランキング

ビジネスローンはどんなローン?

ビジネスローンというのは、個人事業主や中小零細企業のための資金のことです。ビジネスローンという名前の金融商品は、都市銀行や地方銀行、信用金庫、またノンバンクにもあります。

 

全て同じような条件ではありませんが、融資の目的がだいたい同じなので、貸出条件についても似ています。

即日審査のビジネスローンランキングはこちら

無担保・保証人無

多くの場合、担保を必要とせず、保証人も要らないというものがおおいです。ただし法人の場合、代表者の個人保証が必要になる場合がおおいです。

限度額はどのぐらい

ビジネスローンの限度額は、だいたい200万円〜300万円ぐらいの間が多いのではないかと思います。ノンバンク系では500万円とか1000万円ぐらいまでの極度額のものもあります。

 

ただしそういう業者でも個人事業主の場合は200万円ぐらいまでです。銀行以外のビジネスローン専業業者であれば、500万円以上のところもあります。

借入条件は?

多くの場合、事業の実績応じて貸してくれるかどうかが決まります。開業資金として使えるところは少ないでしょう。運転資金や設備投資などの使途としての融資がほとんどです。

返済の方法は?

契約時に決められた与信枠ないでしたら、いつでも借入でき、残高は毎月引き落としのローン返済方式が一般的です。返済した分は、借入余力となり何度でも利用できます。

繰り返し使える

カードタイプのビジネスローンは、ATMから限度額内であればいつでも何度でも引き出せ、返済すれば、まだその分まで繰返し借りられます。これがビジネスローンの魅力です。
即日審査の所もありますので、急いでいる方が今日今すぐ申込みできるところもあります。

即日審査即日融資ビジネスローンランキング

ビジネスローンは銀行にもありますが、やはり即日審査で融資も早くというとちょと無理な話です。カードローンタイプの銀行ビジネスローンは、限度額も200万円〜300万円とあまり高くなく、それでいて、特別金利が低いわけでもないのです。

 

それを考えれば、即日審査してくれて翌日には融資をしてもらえる、ビジネスローン専業業者の方が便利です。ただし、昔でいう商工ローンでは、酷いところもあったので、どの業者でもいいというわけにはいきません。

 

ここでは、実績のあるビジネスローン業者をランキングして紹介しておきます。

ビジネクスト・ビジネスローン

三井住友信託銀行とアイフルの共同出資で設立された貸金業者で大手で安心できるところと言えるでしょう。
限度額は新規借り入れの場合でも最大500万円まであり、信用次第では最大1000万円まで可能です。

スピード診断

WEB上から直ぐ、代表者年齢、事業形態(法人、個人事業主等)、年間売上高、他社借入額を記入すればスピード審査が可能です。
審査の翌日には融資が可能です。

実質年率

利用限度額100万円以上 実質年率8.0%〜15.0%
利用限度額100万円未満 実質年率813.0%〜18.0%

融資条件

担保不要 保証人原則不要(法人の場合は代表者の連帯保証)

 

 

口コミ詳細情報はコチラ

 

ビジネスパートナー・ビジネスローン

ビジネスパートナーのスモールビジネスローンは限度額500万円までの中小企業、個人事業主の資金調達に最適です。最短即日審査でとにかく融資までが早いのが最大の魅力。

 

そして「審査通過率」が高いので、ほかで断れたり、融資額が少なかった場合は問い合わせてみることをお勧めします。

実質年率

利息(実質年率) 9.98%〜18.0% 限度額は50万円〜500万円

最短即日審査

WEB上から、簡単な情報を入力して即実仮審査し、担当者から仮審査の結果がくるので、必要書類を提出すれば完了。
審査を受ける間に、必要書類を用意しておけば、即日審査が完了して、翌日融資も可能です。

融資条件

原則として2期以上の経営実績がある事業者様・個人事業主。
担保不要 保証人原則不要(法人の場合は代表者の連帯保証)

 

ビジネスパートナー・スモールビジネスローン

 

口コミ詳細情報はコチラ

ビジネスローンカードは作っておくと便利

ビジネスローン

通常、事業資金の融資は、優先順位として公的機関である日本政策金融公庫にまず借ります。

 

その次に、取引先のメインバンクの融資を受けます。その前に、自治体の制度融資を利用することや、他の公的な団体の融資を利用することもあるでしょう。

 

これらの順位で融資を受けて十分資金調達ができていれば、なんら問題はありませんが、事業というものはいつ何どき何が起きるかわかりません

 

自身の事業が順調でも、相手先のあることですから、入金が遅れたりすることも当たり前のように起こります。

 

しかし緊急時になってあわてて資金調達するのは大変ですし、リスクも伴います。ですから順調なときぼと、いつでもつなぎ資金を確保できるように、ビジネスローンを申し込んでおくべきなのです。

 

ビジネスローンは、多くの場合は、通常の融資より金利は高くなりますが、原則担保が要りませんし、事業が順調な時ならば審査も簡単です。

 

そして枠内ならば、いつでも出し入れできるタイプであれば、必要な時だけ借りて、余裕ができた時に返せばいいので、資金繰りの不安がかなり解消されます。

 

カードローンタイプビジネスローンがお勧め

必要な資金を借りて、期日に一括返済する証書貸付・手形貸付なども商品としてありますが、ビジネスカードローンとして、限度額までは原則いつでもキャッシングできるタイプの方が柔軟な資金として対応できます。

 

必要のないときは借りる必要も手数料もなく、急なときでも必要になったときはATMから引きでして使える当座貸越のタイプが便利です。

個人向けカードローンも短期借入なら有利

ビジネスローン

ビジネスローンが事業者のための資金に対して、カードローンは、個人の生活資金に自由に使える、いつでも借りられて、余裕のある時に返済したいだけ返済できる便利なものです。

カードローンで引き出した資金は、事業資金として利用することはできませんが、生活資金に充てることができますから、一時的ん住宅ローンに充てたり、今日生き資金に充てたりすることができます。

 

個人事業者や中小企業事業者は生活資金から、資金を事業に回すことも多々あるので、事業所得から、それらの生活資金を出す代わりに、カードローンで生活費をとりあえず工面できれば、資金繰りがとても楽になるでしょう。

 

いざという時の間接的なつなぎ資金になりえますので、転ばぬ先の杖として、1枚は銀行のカードローンを持っていて損はないと思います。

 

さらにいうと、個人事業主であれば、ノンバンクのカードローンであれば事業資金にも使える(銀行のカードローンは事業資金には使えない)ので、つなぎ融資としても便利です。

 

消費者金融系は金利が高いですが、大手ならば無利息機関があるので、短期で返済する資金で5万円から50万円程度借りたいのであれば消して悪い選択ではありません。

 

また土日休日でも審査融資が可能なところもあるので、休日に即日少額の資金が必要な場合はベストな選択肢となります。あとでビジネスローンで借り入れて短期で返済すれば金利を気にしなくても済みます。

緊急時は消費者金融のカードローンもあり

ビジネスローン

緊急時の現金の確保に即日で現金を調達できるのがキャッシングです。金利が高いし、借りられる金額も少ないので、とても事業資金には使えないように思えますが・・・・個人事業主の場合、消費種金融のキャッシングは事業資金としても使えます。(但し事業資金として限定していないカードローンの場合総量規制の対象にはなります。)

 

とにかく申し込みからキャッシング、または口座への振込融資までが最短損実なので、取引先の入金がおくれていて、明日の支払いにどうしても、現金が少し足りない、そんな緊急時にとてもありがたい体存在です。

 

また30日間無利息でキャッシングできるというプロミスのようなありがたい存在もあります。しかも、何度でも30日間無利息で借りられるようになったので、一時的に30日、もしくは、31日になったとしても、金利が付くのは、30日を超えた分だけですから、実質低金利で借りられてしまいます。

 

カードローンのように分割で返していくわけではないので、一括返済になりますので、次の入金に返済できるけれど、それまでの間だけという状況では実に重宝すると思います。

 

あわてて緊急時に申しみするより、いざという時の備えとして、キャッシングカードを持っておくといいと思います。ノンバンクのカードローン、プロミスは、土日休日でも即日借りられる上に借り入れの翌日から無利息期間が利用できて有利です。


ホーム RSS購読 サイトマップ